トップページ >

投資費用の不要な木質バイオマス熱電併給設備等の導入提案

2019.12.02

概要

弊社では関連会社を含め、熱需要家等に初期投資費用の不要な木質バイオマス熱電併給設備等の導入・提案を行っています。

灯油や重油等の化石燃料を使用して温水・冷水利用している方々に対して、弊社が資金調達・設置(資産所有)・メンテナンス等全て行い、熱供給を行います。メンテナンスや故障等により熱供給等がなされない場合でも、既存のボイラシステムによる熱利用が可能なため、日々の営業への影響はありません。

本事業により、温室効果ガスの削減、地域経済循環、CSR推進に繋がります。

熱利用について

木質バイオマス熱電併給設備等より発生する熱を、化石燃料より安くご利用していただくメニューです。使用した熱量分の金額をお支払いただくだけで、基本料金やメンテナンス費用などの支払いが一切発生しません。

使用熱量は熱量メーターにより計測し、現在使用している化石燃料単価(メガジュール熱量換算)よりも安くご使用いただけます。

対象の熱需要家

・灯油や重油等の化石燃料を年間5万L以上使用している。

・ボイラ等で温水、冷水を作り、暖冷房や給湯に利用している。

・夏でも一定の需要がある。(望ましい)