トップページ > 事業内容 > 地域熱供給事業

事業内容

紫波中央駅前にあるオガールエリアでは、新しい庁舎や57戸の住宅、ホテルやアリーナなどの建設が計画されています。 紫波グリーンエネルギーでは、同エリア内に熱供給施設(エネルギーステーション)を設け、役場新庁舎、民間事業棟、住宅といった多様な熱ユーザーに対して暖房熱、冷房熱、給湯熱の供給を行います。

日本有数の木質バイオマス地域熱供給事業

エネルギーステーションは主たる燃料として木質バイオマスを利用し、暖房用・冷房用・給湯用の熱を生産します。 このような地域熱供給事業は国内でも例がほとんどなく、先進的な事例として環境省のモデル事業に選定されています。

燃料の地産地消

本事業で使用する木質バイオマス燃料は、主に紫波町内から調達することを予定しています。 これまで利用されてこなかった間伐材などを積極的に利用することにより、動植物が共生する健全な森林の形成を促します。

事業名 紫波中央駅前エネルギーステーション事業
事業主体 紫波グリーンエネルギー株式会社
熱供給先 紫波町役場新庁舎 :暖房熱、冷房熱
オガールベース :暖房熱、冷房熱、給湯熱
住宅(最大57軒) :暖房熱、給湯熱
D街区建物(予定):暖房熱、冷房熱
主たる燃料 木質チップ(年間約1,000トンを予定)
主要設備 木質チップ焚温水ボイラー:500 kW
吸収式冷凍機      :115 US冷凍トン
バッファタンク     :10 t × 2基
着工日 平成26年3月6日
熱供給開始日 平成26年7月30日
総事業費 約5億円

工事の進捗状況

エネステ建築確認

2014年06月20日

建屋の設計・施主検査が行われ、建屋完成を前提に施工の細かいチェックが行われました。 また設備工事の方は7月中旬引渡しで、こちらは急ピッチでプラント内の配管工事などが進んでいます。

エネステ工事_201405

2014年05月29日

建屋の建設も着々と進行しておりますが、昨日は蓄熱タンクが、そして本日木質チップボイラーが搬入されました!この後配管工事に入っていきます。7月の地域熱供給開始に向けて、工事も大詰めです。

IMG_2819 copy

2014年03月06日

紫波中央駅前のオガールエリア内でエネルギーステーションの工事安全祈願祭が行われました。 今年7月の熱供給開始に向け、建家の工事が本格的に始まります。